読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IS STRANGE

人生も為替も山あり谷あり

子供のなりたい仕事がYouTuberなんて良いことだと思うんだが

 

 

 

ある小学校ではなりたい将来の職業としてYouTuberが上位に挙がった。どっかの新聞でも将来なりたい職業のアンケート結果が掲載されていたが、そこでは従来となんら変わらない職業が並んでいた。サッカー選手、パティシエ等、子供なら誰もが夢見るであろう仕事。これといって変わっていない。むしろこのアンケートをとる意味があるのかというくらい変わりようがなかった。しかし、ある記事ではYouTuberに憧れを抱いている子供たちが多くいるようだった。この結果に眉をひそめる世代がいる。YouTuberに批判的な立場にいる人は、汗水垂らして、やりたくないこともやって、残業してなんぼや!な働き方をしてきた人たちだろう。このような人たちからすると、自分の好きなことで生きていこう、とする人たちは理解できない。若者の勤労意欲を削ぐ、という声も聞いた事がある。子供たちがなぜ憧れるかというと、生き生きしているからだろう。楽しそうに自分のやり方で自分を動画に表現する。夢があるからこそ子供は憧れる。子供に夢を与えているYouTuberは列記とした職業の一つ。今後の働き方が変わる一つの変化なのではないか。従来の働き方を善とし、それを今後将来のある子供に押し付けようとする大人がいることに残念さを感じる。YouTuberになりたいと答えた子供たちが今後日本のそういう雰囲気に押し潰されていかない事を祈るばかりだ。