読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE IS STRANGE

人生も為替も山あり谷あり

学校は教育の補助的機関に過ぎない

 

いじめが問題になると決まって学校側の責任が問われます。当然、担当教師にはかなりの批判が集まるわけです。

 

社会や保護者はすべての責任を学校側か加害者にしかフォーカスしません。

 

確かに、学校や担当教師にもそれなりに責任はあるでしょう。知ってはいても放置をしていたりしますし、そもそも気付いていないケースもあります。

 

ですが、すべての責任が学校にあるわけでは決してないと思うのです。

 

 

          

 

 

 

いじめる方といじめられる方、どちらに責任があるかというと、多くの人はいじめる方が悪いのだと言います。

 

 

当然、いじめはいけないものです。それに議論の余地はないと思いますが、いじめられた方に責任がないのかと言われたらそんなこともありません。いじめが起こる原因を作っているのはいじめられる方でもあるのですから。

 

 

いじめを受ける特徴のある人とはどういう人なのかというと、色々あるとは思います。他と内面的に、外見的に、能力的に劣っているところがある人。ざっくり言えば周りの人の当たり前が当たり前でない人でしょう。外れものですね。

 

 

それって本人の意思では変えられないもので、それを原因だというのはあまりにも酷だという人もいるでしょう。

 

 

まぁ確かに本人では変えられようのないことがほとんどでしょうね。

 

 

本人には変えようがありません。じゃあどうすればいいのかというと、そもそもいじめられないような子にすれば良いのです。

 

 

それをするのは親以外にありません。

 

 

いじめが問題となった時に非難されるのは学校と教師と加害者だけでなぜか親は被害者扱いされ、何も非難はされません。自分の育ててきた子供がいじめに遭ったらそれはそれは悲しいです。しかし、いじめられるような子供に育てたのも自分です。

 

 

いじめの標的にされないような子供に育てること、それが親の役目です。もちろん、いじめをしない子供に育てることもです。ただ、健康的で元気に育ったらいいと親は望むでしょうが、それだけで良いと望むのは親だけであることを気付いていない親は実は多いのです。

 

 

親は子供に、いじめられないような容姿と学力、身体能力を与えなければなりません。しかし、当然容姿が周りより劣っている子は生まれてきますが、ではそれを補うように他の面を高めてあげなければなりません。容姿が劣っていようとも人から好かれている人はいくらでもいるのですから。

 

そして、我が子が加害者にならないような最低限の教養と道徳を身につけさせなければなりません。

 

いじめはなくなりません。なぜなら、人に、あれはなんだか変だ、と蔑む感情がある限り。だから世界から差別がなくなることもありません。

 

しかし、いじめや差別はいけないんだな、と思える人を育てることは難しいことではありません。

 

 

          

 

 

 

学校というところは、教育においてのすべてのことを子供に教えなければならない機関ですか?

 

 

それは全くの間違いですよね。

 

 

学校が未然にいじめを防ぐのは不可能です。まして担当の教師には何もできません。そもそもそれは学校の役目ではないでしょう。

 

 

日本社会において、学校教育は偉大です。親たちは教育の多くを学校に期待していますし、教育といえば学校教育だと思っています。

 

 

学校て、単に最低限の教育を受ける場に過ぎないのではないですかね。

 

 

子供の教育者は、教師だと思い込んでいる人は多いと思いますが、それは間違いです。真の教育者とは親である自分です。学校に期待してはいけない。問題を解決してくれるのは学校ではありません。

 

 

子供に関心が持てず、子供をいじめの加害者・被害者にさせてしまうならそもそも親などならなければいい。